カナイセイジに聞く『文絵のために』今年どうなる?

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

昨年は『ラブレター -恋文-』(幻冬舎)、『ポプテピピック クソカードゲーム』(バンダイ)、『The Last Brave』(ディライトワークス)と大きな会社から作品を発表し、今年も2月に『有野課長のLove Letter』、4月に『ポプテピピッククソカードゲーム2弾』の発売が予定されているカナイセイジ氏(プロフィールはボードゲームデザイナー名鑑 参照)。日本のボードゲームシーンをリードするゲームデザイナーに、『文絵のために』の展開などについてインタビューを行った。

kanai-fumie.jpg


TGiW:昨年1年間の活動を振り返っていかがでしたか?

カナイ:幸いにも昨年は色々なところからお仕事のお話をいただき、常に忙しい充実した一年でした。
ゲームの制作はもちろん、講義監修なども色々やらせていただいて、本当に勉強になりました。
その分、個人での制作まではあまり手が回りませんでしたので、今年は個人でもしっかり制作できるようなペース配分にしたいなあと考えております。


TGiW:昨年発表された作品について、思い出に残った開発エピソードを教えて下さい。

カナイ:昨年リリースしていただいたゲームはどれも大変印象深いですが、開発中はひたすら考えているだけなのであまり面白いエピソードはないかもしれません(笑)
思い出すのはずっとジョナサンでドリンクバーのコーヒーをちびちび飲みながらノートを前にうなっていたことと、毎回校正で原稿とにらめっこして、赤を入れていくのが大変だったこととかでしょうか......。
ただ、最近はゲームの紹介に当たって動画を撮っていただいたり、インタビューしていただいたりということがあり、そこで色々な方とお会いしてお話できたのは僥倖でした!


TGiW:新作が多数リリースされている中で、カナイさんのスタイルとしてどのようなことを意識されていますか?

カナイ:流行や人気の出た作品についてはなるべくチェックするようにしています。
毎年「もう出尽くしただろう」と思えるジャンルに新しいアイデアが登場するので感心しきりです。
ただ、後追いはなかなか難しいですし、そもそも自分の能力的に向いていない内容も多かろうと思っています。
頂いたお仕事であればそのメインターゲットの方々がなるべく気に入ってくださるように、個人での制作であれば自分が作りたいと思ったものを、と言う感じで、目の前のものに全力で取り組むだけと考えております。
もちろん、その中で流行を取り入れるのが良いと感じたら、挑戦してみることもあると思います。


TGiW:制作が発表されている『文絵のために2』について、明らかにできることを教えて頂けますか?

カナイ:現状では、前作と同じく3本での構成になるように進めております。
1本は前作と同じストーリー重視のお話で、クラウドファンディングにて応募していただいたキャラクターはこのお話に登場させたいと思います。
1本は、ずばりホラーです。旧校舎の怪に巻き込まれてしまった文絵を、武雄が誘導して助けるようなお話になります。ホラーらしいギミックを色々取り入れられればと考えております。
1本は......また木皿儀さん(ワンドロー)に怒られそうですが(笑) 武雄をめぐる女子たちの対戦格闘になります! もちろんパンチやキックで戦うわけではなく、「手料理」や「一緒に勉強」などを駆使して、武雄の心を引き寄せる勝負です。


TGiW:最後に、まもなく上演される朗読劇『文絵のために』について、自身の作品が朗読劇になると聞いてどう思いましたか?

カナイ:正直、この展開は全く予想しておりませんでした。私は文章書きとしては素人に毛が生えた程度ですから、ゲーム制作の時点では設定などに固まっていない部分も多く、「本当にそんなことできるのかな」と考えていました。
しかし、プロデューサーを務められた木皿儀さんのもと、あれよあれよという間に台本やスタッフが整っていき、目を見張るような役者の皆様にもご協力いただけることになりました。
私の拙い物語を、このような素晴らしい物へと昇華していただけたことに、ただただ感謝しております。

TGiW:ありがとうございました。


朗読劇『文絵のために』は今月25日(金)から27日(日)まで新宿THEATER BRATSにて3日連続、午後と夜の公演。「武雄編」と「文絵編」があり、毎回シナリオが分岐して結末が異なる。チケットはいずれも4500円で、PassMarketで発売中。

PassMarket:朗読劇『文絵のために』

リンクフリー このバナーをお使いください