ニュルンベルク'19:ルックアウトシュピーレ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クマ牧場:グリズリーがやってきた(Bärenpark - Die Grizzlies sind los)
ゲームデザイン・P.ウォーカー=ハーディング、イラスト・K.フランツ、2~4人用、8歳以上、30~45分。
3つのモジュールが入った拡張セット。「新しい目標」はほかの目標と混ぜて使い、タイル配置の新しいパターンによって得点が生まれる。新しいクマ「グリズリー」は6マスのタイルで登場し、より広いスペースが必要となるため、ゲーム終了に必要な牧場タイルは4枚から5枚になる。「牧場モノレール」は柱を2本立てると、その間隔のタイルを上に置けるようになり、先に作ると得点の高いタイルがもらえる。

マンダラ(Mandala)
ゲームデザイン・T.ベンヤミン&B.J.ギルバート、イラスト・K.フランツ、2人用、10歳以上、30分。

共通のゲームボードには中央に2つのマンダラが描かれており、中央の山で分けられている。これに両プレイヤーは7マスのカード置き場(「川」)がある。ここれで価値の高いカードを集めることを目指す。ゲームのはじめには、どのカードが価値が高いかは分からない。手札を6枚ずつと、勝利点の山札に2枚ずつもつ。色のカードは色のルールにしたがって2つのマンダラか、山か川に置き、置いた場所によってカードが補充できる。1つのマンダラに6色集まったら、両プレイヤーは交替に山からカードを選び、川と勝利点の山札に入れる。勝利点の山札は裏向きになっており、最後に勝敗を決めるのに使う。そのときの勝利点は、それぞれのプレイヤーの川に置かれたカードの位置によって変わる。

パッチワーク・ドゥードル(Patchwork Doodle)
ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・K.フランツ、1~6用、8歳以上、20分。

ダイスロール&書き込み式のパッチワーク。9×9のマスに、ダイスで出たパーツを書き込んでいく。各ラウンドにはカードを円形に並べ、2枚のカードの間にウサギコマを置く。手番にはダイスを振り、その数だけウサギコマを進め、止まったカードを取り、全員、そのカードに指示された形を自分のシートに書き込む。何枚か書き終わるとラウンド終了となり得点計算。カードを補充して次のラウンドに進む。ゲーム中、手番に4つの特別アクションをそれぞれ1回だけ使うことができる。特別アクションはカード変更、ピース分割、1マス埋め、いずれかの特別アクションをもう1回。3ラウンド行い、ボードに穴の一番少ないプレイヤーが勝つ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください