みんなはどんな答えを書くだろう?『ゲスクラブ』日本語版、4月15日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNE/cosaicは4月15日、コミュニケーションゲーム『ゲスクラブ(Guess Club)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.ファン、アートワーク・ミスクァイ、2~8人用、8歳以上、20~30分、3500円(税別)。

ずる賢い旅行者が集まる「ゲスクラブ」で金銀財宝を争う当てっこゲーム。オリジナルはモジゲームズ(台湾)から2017年に発売されている。ほかのプレイヤーの答えを読む心理戦に、賭けの要素を加えた。

「オリンピックの球技」「日本のお寺」などのお題を1人が出したら、ほかのプレイヤーは自分のカード6枚にホワイトボードマーカーを使って、1枚1枚違う答えを書く。全員が書き終わったら順番に発表していく。

ほかに同じ答えを書いたプレイヤーがいれば賞金を獲得。自分だけだったり、(親プレイヤーの判断で)答えが間違っていたりした場合は罰金を支払わなければならない。また、同じ答えを先に言われてしまうと賞金がもらえないので、少しの人しか書かなさそうな答えを探すことになる。

このほかに、答えを発表せずにこのラウンドでいくつ正解が出るか賭けることもでき、当たっていれば最後にボーナスが入る。しかしこれも答えを先に言われてしまう恐れがある上に、早いもの勝ちなので、どこで賭けに出るか、タイミングを見極めなければならない。

感性のズレによる楽しさに、賭けの戦略性が加わり、笑いや駆け引きのある作品だ。参考問題集が付属しており、カップルなら、お題を「一緒に行ったレストラン」「共通の友達」などにして楽しむこともできる。

guessclubJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください