GM大賞エキスパート賞受賞作『Improvement of the POLIS』3月10日先行発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アソビションは3月10日、ゲームマーケット2019大阪にて、戦略ボードゲーム『Improvement of the POLIS(インプルーブメント・オブ・ザ・ポリス)』を先行発売する。ゲームデザイン・慶應HQ有志、イラスト・木下月乃、アートワーク・別府さい、2~4人用、12歳以上、45分、5000円(税別)。Boardgame Lab! DDTブース(A04)でイベント価格4500円。一般発売日は未定。

improvementofthepolisn.jpg

古代ギリシャにおける都市国家(ポリス)の有力者となり、発展を競う拡大再生産ボードゲーム。ゲームマーケット2017秋に慶應HQ(Head Quarter Simulation Game Club)が発表し、昨年のゲームマーケット大賞でエキスパート賞に選ばれている。このたび、『L-Tiles』など国産品のリメイクを手がけているアソビションが、コンポーネントとアートワークをパワーアップして一般発売となる。

各プレイヤーはアテナイ、スパルタ、テーバイなどを担当し、それぞれの固有能力を活かしてゲームを有利に進める。毎ラウンド、ダイスを振り、そのダイスにアクションカードを割り当てる。全員割り当てたらアクションカードを公開し、1から順にプレイしていく。自分のポリスの特性、手持ちの政治カードの内容によってアクションは変わる。さらに政治やイベントなどの効果によって展開がどんどん変わり、多様な戦略が取れる。

ゲームマーケット審査員からは「新人とは思えない緻密な作りで、グループで作ったよさを含めて、学生らしさを感じました」(草場純)、「非の打ち所がまったく見つからない、重量級ゲームのファンにも自信をもって勧められます」(秋山真琴)、「文明発展をテーマに正当派の拡大再生産でありながら、都市国家や政治を変えることでリプレイ性を高め、それでいて1時間で味わえる充分な満足感。より難しいゲームへのステップアップとして、エキスパート賞にふさわしい作品」(ふうか)、「ポリスの特性と、ほかのプレイヤーとの相克の両方を見据えた発展が求められる戦略性の高い作品。ダイスにアクションカードを割り当てるというアクション選択システムもオリジナルティが高い」(小野卓也)などと絶賛された作品。少部数制作でこれまで遊べなかった方も手に取る絶好の機会だ。

一般発売も間もなく開始されるほか、香港と台湾での発売も決定しているといい、BGGストアを通して欧米からも購入できるようにする。

予約フォーム

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください