ニュルンベルク'19:注目の新作

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

センチュリー:ニューワールド(Century: A New World)
ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・A.カナーニ&C.クイリアムズ、出版・プランBゲームズ、2~4人用、8歳以上、30~45分。
『スパイスロード』『イースタンワンダーズ』に続くセンチュリー3部作の最終作。16世紀のアメリカで、新大陸を探検し、原住民と交易し、発見を記録し、狩猟採集で生き延びる。ワーカープレイスメントで資源を交換するシステムはシリーズ共通。3タイトルはそれぞれ単体でも、自由に組み合わせてもプレイできる。

トゥキ(Tuki)
ゲームデザイン・G.レヒトマン、イラスト・C.クイリアムズ、出版・ネクストムーブゲームズ、2~4人用、8歳以上、30~45分。
『ウボンゴ』のデザイナーによる積み木ゲーム。タイトルはイヌイットの言葉で標識として使われた石積みを表し、「イヌクシュク」が有名。このゲームではダイスで支持れた石(カラー)と雪(白)のブロックを積み上げて、このイヌクシュクを作る。バランスを取りつつ、カードで指示されたパターンを先に作る。難易度は2つあり、腕前によって変えることができる。

ラスベガス・ロイヤル(Las Vegas Royale)
ブルゴーニュ(The Castles of Burgundy)
20周年を迎えるアレア(ドイツ)が同社の人気作品『ベガス』と『ブルゴーニュ』の豪華版を製作。『ベガス』はモジュラーボードになってボードごとにダイスの配置や順位決めの条件が変わり、『ブルゴーニュ』はこれまでの拡張やプロモ10種類が全部入る。


エラ:中世(Era: Medieval Age)
ゲームデザイン・M.リーコック、イラスト・C.クイリアムズ、出版・エッガートシュピーレ、1~4人用、12歳以上、45~60分。
ダイスを振ってペグを差し込む文明発展ゲーム『ロール・スルー・ジ・エイジズ』(2008年)の続編で、今度はダイスロールと建設を行う。ダイスは中世社会のさまざまな階級を表し、これらを使ってプレイヤーは自分の都市を最も繁栄させることを目指す。建設は立体のコマをプレイヤーボードに差し込む方式で、見た目も素晴らしい都市ができあがる。都市では強奪、焦土、災害が起こり、プレイヤー同士のインタラクションも問われる。エッガートシュピーレでは、この作品を皮切りにロール&ビルドシリーズを立ち上げる。


ハダラ(Hadara)
ゲームデザイン・B.シュヴェア、イラスト・D.マイアー、出版・ハンス・イム・グリュック、2~5人用、10歳以上、45~60分。
『リビングストン』『イェーティ』の作者によるミドルクラスの文明発展ボードゲーム。3つの時代にわたり、小さな開拓地を高度な文明都市に育てる。さまざまな文化・大陸・年齢の人々を集め、同時アクションで人物を選ぶ。農業、文化、軍事と総合的に発展させて名誉を競う。


レッドピーク(Red Peak)
ゲームデザイン・C.A.ロッシ、イラスト・V.デュトレ、出版・ラベンスバーガー。2~6人用、8歳以上、20~30分。
冒険者たちが火山島で溶岩が迫り来る中、ジャングルを抜けて帰還することを目指す協力ゲーム。溶岩タイルが次々と置かれる中、必要なアイテムを集めていかなければならない。ヴァルシュが昨秋発表し、日本語版も発売された『富士』とテーマが重なっているが、ロッシらしくスピーディーなプレイ時間となっている。


マインクラフト・ボードゲーム(Minecraft Board Game)
出版・ラベンスバーガー、2~4人用、8歳以上、30分。
人気ビデオゲームがボードゲームになる。クリーパーやゾンビを避けてレアな資源を集め、理想のお家を作る。


マハラジャ(Maharaja)
W.クラマー&M.キースリングが2004年にファランクスゲームズ(オランダ)から発表したゲームが、今年クラニオ・クリエーションズ(イタリア)からリメイク。領主、遊行者、商人など6つの職業の特殊能力を駆使しつつ、アクションをプロットして指定された都市に宮殿を建てるゲームだ。


イワリ(Iwari)
ゲームデザイン・M.シャハト、イラスト・M.ミザク、出版・サンダーグリフゲームズ、2~5人用、14歳以上、45分。
日本語版にもなっている『王と枢機卿』をスペインの出版社がリメイク。種族プレイヤーボード、新しいマップ、組み合わせて入れるモジュール、協力ゲームルールなど多くのものが追加されている。


クレオパトラと建築士たちデラックス(Cleopatra and the Society of Architects: Deluxe Edition)
ゲームデザイン・B.カタラ&L.モーブロン、イラスト・M.コインブラ、出版・モジトゲームズ。
デイズオブワンダー社から2006年に発売された立体コンポーネントぎっしりのボードゲームがアメリカの会社によりさらに豪華になる。4月1日からキックスターター開始予定。


リートブルクの解放(Die Befreiung der Rietburg)
『アンドールの伝説』の世界で繰り広げられるスタンドアローン(拡張ではなく単体で遊べる)ボードゲーム。今秋の発表予定。



ジャイプル(Jaipur)
ジョードプル(Jodhpur)
アンコール(Ankhor)
スペースカウボーイズ(フランス)が2人用ゲームシリーズを一挙リリース。『ジャイプル』は2009年にゲームワークスから発売された作品のリメイクで、残りの2タイトルは『ジャイプル』の作者S.ポーションに加えて、『8ビットボックス』をデザインしたスイス人デザイナーコンビのF.クリティンとG.ラルギーがクレジットされている。


ニューデール(Newdale)
ゲームデザイン・A.プフィスター、出版・ルックアウトゲームズ。シュピール'19で発表予定。日本語版も発売された『オー・マイ・グーッズ!』のボードゲーム版で、キャンペーンルールなども踏襲している。


マラカイボ(Maracaibo)
ゲームデザイン・A.プフィスター、出版・ゲームズアップ(ドイツ)。リソースマネージメント、ピック&デリバリー、建設と拡張といったクラシックなユーロスタイルにプフィスター独自の味付け。シュピール'19で発表予定。


エルドラド:黄金寺院(El Dorado: Die goldenen Tempel)
ゲームデザイン・R.クニツィア、2~4人用、10歳以上、60分。一昨年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたレースゲームに、拡張第2弾が登場。単体でも遊ぶことができる。


5211(5211)
ゲームマーケット2017秋にGALLERY OUCHI(香川)から発表されたカードゲーム『5 COLORS ~ファイブカラーズ~』のリメイク。『アズール』のネクストムーブがライセンスを取得し、プレイ人数を2~8人になる。ゲームデザインはオリジナルがJ.バニスターだったが、今回は"Tsuyoshi Hashiguchi"と表記。発売日未定。


Coffee Roaster(コーヒーロースター)
ゲームマーケット2015秋でSaashi & Saashi(京都)が発表した1人用ゲームをdlpゲームズ(ドイツ)が出版予定。dlpゲームは『横濱紳商伝』のドイツ語版を発表し、国際的評価を高めるのに一役買ったことがある。


コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください