ボードゲームで子育て雑誌『ボ育て。Vol.3』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

bosodate3.jpgボードゲームで子育てを実践している親たちによる情報誌『ボ育て。Vol.3』が3月9日の発行された。A5フルカラーで42ページ、800円(税込)。代表の前田勝利氏が店主を務めるプレイスペース「ファミーリエ」ほか関西のカフェ・プレイスペースで店頭販売されているほか、通販ではすごろくや、ケンビルなどで購入できる。

すごろくや:ボ育て link
ケンビル:ボ育て。 Vol.3 link

2016年6月の創刊号、2017年9月の第2号に続き、1年半ぶりの発刊。幼児・小学生と遊べるボードゲーム22タイトルのクロスレビューと、6本のコラム、4コマ漫画から構成される。コラムでは「デイリーポータルZ」の小野法師丸氏や『枯山水』の作者山田空太氏など、さまざまな立場の人が親という共通点で寄稿している。

先日のボードゲームシンポジウムで草場純氏が紹介した、『スティッキー』をダイスなしで好きな棒を取るルールのように、ボードゲームは簡略化して小さい子供でも遊べるようにアレンジすることもできるし、本書で小野氏が『レシピ』のオリジナル料理を考えるなど、発展させたアレンジを考えることもできる。そこには子供に付き合っているだけではなく、自分の遊び心を最大限発揮して、自分も楽しんでいる親の姿が浮かんで見える。ときには奥さんから冷たい目で見られつつも、子供と全力で接するお父さんたちの姿に心温められる。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください