ゲームマーケット2019大阪レポート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

雨模様の寒空となった3月10日(日)、インテックス大阪にて「ゲームマーケット2019大阪」が開催された。関西での開催は2012年に始まって8回目。規模は毎回増加の一途をたどっており、6729㎡の会場に395ブースが出展し、6900人(公式発表)が参加した。

gm2019o-venue.jpg
会場面積は前回より3割広くなったが、それでも人気ブースの前では行列や渋滞が発生した

本日の大阪の日中の気温は約14℃。インテックス大阪は、ホール部分以外が屋外であるため、外気が絶えず流れ込み、会場内も冷え込んだ。限定販売のボードゲームを求めて開場の2時間前から並んでいた人はなおさらのことだろう。しかし開場すると、行列していた人がなだれこみ、温度が1~2℃上がったような気がする。

gm2019o-entrance.jpg
今年もミープルのコスプレが登場

『ブロックス』や『ウノ』シリーズを全国的に展開するマテル社が、ゲームマーケットに出展するのは、実は東京・大阪を含めて初めてである。マス・マーケットをメインターゲットとしている会社がゲームマーケットに参入し始めたことは、それだけゲームマーケットが成長した証拠といえるだろう。昨年、担当者が東京での開催を見て出展を決めたという。お客さんの反応もよく、売れ行きは好調。

gm2019o-mattel.jpg
マテル社のブース

多くのファンから注目されている「機動戦士ガンダム」の協力ボードゲームは今月末の発売を前に、サンプルが展示されていた。規模が大きくなれば、従来難しかった版権ものも可能になる。

gm2019o-gundam.jpg
ガンダムの協力ゲーム

まさかゲームマーケットで、海外ゲームの試作品が遊べる日が来ようとは。まだキックスターターのプロジェクトも始まっていない『グレンモア2』の試作品をEngamesが出展。説明付きで試遊できるようになっていた。発売元と共同出版というかたちで、今秋に日本語版が発売されるという。

gm2019o-glenmore2.jpg
『グレンモア2』プロトタイプ

今回の大阪は、国産オリジナルボードゲームだけで約130タイトルの新作が発表された。このほかに、海外ボードゲーム、TRPG、TCG、謎解きゲームブック、伝統ゲーム、パズルなどを含めれば展示されたボードゲームはゆうに200タイトルを超える。

『Pentaland』は京都大学の学生団体Neugierによるミドルクラスのボードゲーム。五角形のアクションスペースから1つを選び、そこにいる労働者を取ってアクションを行う。資源を集め、建物を建てるが、労働者や資源を置ける場所が限られているのでマネージメントが必要。建物の効果はそういったマネージメントを楽にするものもあるが、得点が高い代わりにプレイヤーに制限を設けるものもある。

gm2019o-pentaland.jpg
五角形だから『Pentaland』

『Kobe』(luck movies)は、さまざまな貿易品を船に積み込んで売り、利益を上げるカードゲーム。1種類だけにうまく絞り込めれば利益が高いので、手札を調整したり、ほかのプレイヤーから購入したりして種類を増やさないようにする。ほかのプレイヤーから購入できるルールによって駆け引きが生まれる。

gm2019o-kobe.jpg
美しいイラストで言語依存がない『Kobe』

『富士山地下99階』(sangenya)は、袋からキューブを引いてコマを進めるレースゲーム。引いたキューブの色によって、カードの特殊能力を使ったり、バーストしたりする。ストーリーブックが付いており、優勝すると、なぜ富士山の地下を目指しているのかというバックストーリーを自分だけ読むことができる(いくつか用意されている)。

gm2019o-fujisan99.jpg
奇抜な設定の謎が気になる『富士山地下99階』

『カラフルピラミッド』(こっち屋)は、ピラミッドの石をタップして新しい石を手に入れ、色や数が合うように積み重ねていくカード配置ゲーム。困ったときは神様の特殊能力を使うこともできる。

gm2019o-colorfulpyramid.jpg
直下の2枚と色や数が共通するように置く

『がんめんマン』は、毎回エリア出展をしているオインクゲームズの新作。カードで指示されたシチュエーションを、福笑いの要領でパーツを並べてみんなに当ててもらう。

gm2019o-gammenman.jpg
少ないパーツで驚くべき表現力

『TAGPLAN』は週間カレンダーと付箋のセットで、子供のいる家庭での宿題やお手伝いを得点化するという子育てツールだ。

gm2019o-tagplan.jpg

今回、地元関西のボードゲームカフェ9店舗が、ゲームマーケット直前に「ボードゲームセレクション」を発表した。これは事前にエントリーした新作を各店舗で遊んだ上でおすすめを決めたもの。大賞の『狩猟の時代』ほか、受賞作が会場内でトロフィーやチラシと共に頒布されていた。ぜひ来年も開催してほしい。

gm2019o-bds.jpg

最後に注目のアクセサリー類。「TRPGやボドゲで使えそうな駒」(末吉工房)が『アグリコラ』のセッティングで展示されていた。

gm2019o-suekichi.jpg

「どこかで使えるTAGシリーズ」(TUCGAME)はウッドバーニング製。ボードゲームにありがちなシチュエーションばかりだ。

gm2019o-tucgame.jpg

次回は「ゲームマーケット2019春」が5月25~26日(土日)、「ゲームマーケット2019秋」が11月23~24日(土日)。来年の関西での開催日は未定となっている。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください