KdJノミネート『ヘブン&エール』日本語版、6月13日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

heavenandaleJ.jpgアークライトは6月13日、『ヘブン&エール(Heaven & Ale)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.キースリング&A.シュミット、イラスト・C.フィオーレ、2~4人用、14歳以上、60~90分、6500円(税別)。

中世の修道院長となり、醸造するビールを質を競うゲーマーズゲーム。『アズール』のキースリングと『ポルターファス』のシュミットがデザインし、エッガートシュピーレ(ドイツ)から2017年秋に発売された。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞(KdJ)ノミネート、ドイツゲーム賞5位、国際ゲーマーズ賞ノミネート。

手番には自分のコマを好きなだけ進め、麦芽、ホップ、酵母、水、木材、監督タイルを入手して自分のプレイヤーボードに配置し醸造所を拡張していき、決算を起こしてこれらの材料やお金が入る。

メインボードを全員が1周するたびにラウンド終了となり、規定数のラウンドでゲーム終了。最後に全部の材料と監督の腕前を見て、どれだけ上質のビールができたかで得点し、そのほかにゲーム中に達成したボーナスを加えて得点の多い人が勝つ。

決算パターンは材料別、収穫量別などいくつかあるが、それぞれゲーム中に1回ずつしか使えない。できるだけ同じ種類のタイルを集めてから決算したいところだが、そこまでお金が続かないのが悩ましい。隣接するタイルから材料やお金をもたらす修道僧も上手に使ってやりくりすることになる。

お金が足りなくなったり、エールを保存する樽が少なくなったり、エールづくりは一筋縄ではいかない。何度も遊んで戦略が見えてくる魅力的な作品だ。

内容物:ゲーム盤1枚、資源タイル100枚、修道士タイル24枚、発酵樽タイル12枚、熟成樽タイル12枚、小屋タイル49枚、プレイヤーボード4枚、プレイヤーコマ4個、醸造責任者コマ4個、特権カード20枚(カードサイズ44×68㎜)、資源マーカー20個、起動ディスク36個、貨幣51枚、ルール説明書1冊

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください