ウリニゲマンレオ(Ulinigeman Leo)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

薄い壁も重ねれば

アパート建築賃貸請負会社の営業となって、できるだけ壁の薄いアパートを多く建てるゲーム。壁が薄すぎると、完了検査で通らないというテーマを、「カードを透かして文字を読む」というアクションに見事落とし込んだ北条投了先生の面目躍如な作品である。

壁には薄い壁(白い紙切れ)、防音壁III(縦に模様あり)、防音壁IV(横に模様あり)の3種類がある。手番には2個のダイスを振って、出目に応じた壁を取り、ある程度集まったら「アパートを建てる」アクションで重ねて自分の前に置く。

「完了検査」アクションではほかのプレイヤーのアパートの上に、山札から完了検査カードを置いて、裏から部屋の光に透かしてみる。完了検査カードにはあるワードが書いてあり、それがアパートの壁を透過して読めれば、検査に不合格となり、壁を奪うことができる。

それならば壁を集めるだけ集めて完了検査カードを読めないように作ればよいと思うかもしれない。しかしダイスでゾロ目が出ると、手札を半分取られたり、未検査のアパートを奪われたりするので、その作戦は賢明ではない。完了検査カードの文字が読めるか読めないかぎりぎりのラインでどんどんアパートを建て、何とか完了検査で合格していく見極めが必要となる。完了検査カードには文字が非常に小さいラッキーカードもあるので、薄くても合格する望みはある。

薄い壁だけでも、そこそこ集まれば読めなくなるし、防音壁IIIとIVを組み合わせても窓のような部分が空いているので、そこから見える一部で推察される恐れもある。そして出てくるワードが時事ネタを巧みに盛り込んであり、読めても読めなくても盛り上がる。ワンアイデア・ワンゲームでない工夫が随所に施されており、楽しく遊ぶことができた。

urinigemanleo.jpg

ウリニゲマンレオ
北条投了/芸無工房(2019年)
2~6人用/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください