『サスピション:怪盗が多すぎる』日本語版、6月27日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

suspicionJ.jpgアークライトは6月27日、正体隠匿ゲーム『サスピション:怪盗が多すぎる(Suspicion)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・フォレスト・プルザン・クリエイティブ、2~6人用、10歳以上、30~45分、3500円(税別)。

オリジナルはワンダーフォージ社(アメリカ)が2016年に発売した作品。宝石泥棒となってほかのプレイヤーの正体を暴きつつ、宝石を盗み出すことを目指す。

ゲームボードは12の部屋に分かれており、その中に10人のゲストがいる。各プレイヤーはその中からひそかに自分のゲストが割り当てられ、ゲームが始まる。クラマーの名作『アンダーカバー』を彷彿とさせる正体隠匿系の推理ゲームだ。

手番には2つのダイスを振って出た目のゲストを移動させ、それから手札のアクションカードを出して、宝石を取ったり、ほかのプレイヤーに質問したりする。質問は、指定されたゲストが自分に割り当てられたゲストから見えるかどうかで尋ねる。

3種類の宝石のいずれかがなくなったらゲーム終了で、誰がどのゲストだったかを当てると共に、当該のキャラクターがもっている宝石の得点で成績を競う。

内容物:ゲストコマ10個、招待状カード10枚、アクションカード28枚、「イエス」カード6枚、「ノー」カード6枚(カードサイズ57×76mm)、ゲーム盤1枚、ダイス2個、宝石トークン45個、推理用シートの束1冊、ルール説明書1冊

suspicionJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください