動物スティックをうまく配置『タッソサファリ』日本語版8月8日発売→8月22日

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Engamesは8月8日22日、『タッソサファリ(Tasso Safari)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.プルー、アートワーク・不明、2~4人用、8歳以上、20分、4000円(税別)。

ルダーデン社(フランス)から2004年に発売され、コスモス社(ドイツ)から2012年に『ラコタ(Lakota)』というタイトルでも発売された積み木ゲームのリメイク。無地だったスティックに、オープンプレイ社(韓国)がサバンナの動物の模様をあしらい、さらに地形コマを追加した。

手持ちのスティックを盤上に配置して早くなくすことを目指す。スティックは盤上か、すでに置かれたスティックの上に置くことができ、2本のスティックの上に配置できたら追加でもう1本置くことができる。1本のスティック上には1本しか置くことができないというルールのため、シビアな位置取りが求められる。

サファリ版の特徴として、スティックはキリン、ゾウ、ライオン、シマウマと長さが異なり、さらにキリマンジャロ山とビクトリア湖が盤上に障害物として置かれる。見た目にも美しく、イメージが膨らむアブストラクトゲームだ。

Engames:【予約】タッソサファリ【8月8日発売予定】

tassosafari.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください