拳銃を突きつけて勝負!『キャッシュ&ガンズ』多言語版8月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cashngunsM.jpgホビージャパンは8月中旬、『キャッシュ&ガンズ(Ca$h 'n Guns)』第2版を多言語版(日本語含む)で発売する。ゲームデザイン・L.モーブロン、イラスト・J.コヴァリク、4~8人用、10歳以上、30分、4500円(税別)。

お互いに銃口を突きつけてお宝の山を分けるパーティーゲームの傑作。オリジナルは2005年、ルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)から発売され、2014年にイラストを一新して第2版が発売された。どちらもこれまで英語版が輸入されてきたが、このたび日本語を含む多言語版として発売されることになった。

プレイヤーは今世紀最大の強盗に成功したギャング団の一味。各自、実弾3発と空砲5発からいずれかを装填した拳銃(ウレタン製)をもち、合図で一斉にほかのプレイヤーに銃口を向ける。ゴッドファーザー役が3つ数えたら、各プレイヤーは一斉に、銃を置いて降りるか、強気でそのまま残るかを選ぶ。

降りたプレイヤーと、実弾を装填していたプレイヤーに銃口を突きつけられていたプレイヤーは分け前がもらえない。そのまま残って、相手が空砲だった場合と、銃口を向けられなかった場合には山分けに預かることができる。

3回撃たれると死亡し、ゲームから脱落となってしまう。8回行って、生き残ったプレイヤーで最も持ち金の多いプレイヤーが勝利。

「パワーカード」を使用した応用ルールもあり、読みと駆け引きが加わった多人数パーティゲーム。拳銃をお互いに突きつけ合うさまはロシアンルーレットのようで、ほかのゲームでは味わえない独特のスリルがある。

内容物:ウレタン製の拳銃8丁、負傷マーカー18枚、キャラクタータイル8枚、ゴッドファーザーのデスク1枚、プラスチック製スタンド9個、先手プレイヤートークン1枚、ボーナスカード1枚、パワーカード16枚、銃弾カード64枚、略奪品カード64枚、ゲームのルール

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください