「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」でボードゲーム特集(5)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

6月30日に日テレ系のテレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にて、「第4回 世界のテーブルゲームを遊び尽くせ!」というテーマで出演者が3タイトルのボードゲームを遊ぶ様子が放送された。この番組でボードゲームが取り上げられるのは、2週連続放送含め通算5回目となる。

番組で遊んだゲームを買って家族で遊んでいるという月亭方正氏をみんなでいじりつつ、国別に表示されたさまざまなゲームを一通り眺めた後、ココリコ田中氏の説明で実際に遊んだ。今回プレイされたのは自分の色の鈴だけ磁石にくっつける『ベルズ!』、サイコロを振って該当するタイルを早取りする『いそいでさがそう』、無言で間合いを読んでカードを出す『ザ・マインド』の3タイトル。

『ベルズ』は、鈴を取るはずなのに会話が女の子を連れて帰る話に。『いそいでさがそう』はサイコロの目とタイルが見えにくかったようで盛り上がらなかったが、『ザ・マインド』は4回続けて遊ばれ、松本人志氏が「単純やけど面白い」とコメントした。「1」を持っていた松本氏がしばらくしてから出してツッコまれたり、数字の大きいカードを持っていた月亭方正氏が虚空を見つめていたのを「師匠入られました」と表わされたりして大盛り上がり。

『ベルズ』と『ザ・マインド』は日本語版が出ているが、『ザ・マインド』日本語版は品切れ中。『いそいでさがそう』はすごろくやで品切れとなっている。番組の影響で本日、『ベルズ』がAmazonの「ポータブル・ポケットゲーム」1位、『ザ・マインド』輸入版がAmazonの「ボードゲーム」1位となっている。

この番組でこれまで取り上げられたボードゲームは以下の通り。
第1回(2018年3月4日):『空飛ぶじゅうたん』『おばけキャッチ』『そっとおやすみ』『トイレットトラブル』『ナンジャモンジャ』『パイフェイス』
第2回その1(2018年6月10日):『デジャブ』『スピードカップス』『ウィ・ウィル・ロック・ユー』、『ダンシングエッグ』、『びりびり早押し電気ショックゲーム』
第2回その2(2018年6月17日):『キャプテンリノ巨大版』『ブロックス』『トゥクトゥクウッドマン』
第3回(2018年11月18日):『ハリガリ』『デュプリク』『ゴブレットゴブラーズ』『バンボレオ』

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください