喰うか喰われるか『ジュラシック・スナック』日本語版8月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

jurassicsnackJ.jpgアークライトは8月22日、2人対戦ゲーム『ジュラシック・スナック(Jurassic Snack)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.カタラ、イラスト・C.ショースィ、2人用、7歳以上、15分、3300円(税別)。

オリジナルはザ・フライングゲームズ(フランス)が2018年に発売した作品。昨年の『パックンギョ!』に続く2人用の作品で、今度はカタラがデザインしている。草食恐竜ディプロドクス(略してディプロ)のチームを率いて、肉食恐竜ティラノサウルスに気をつけて相手より多くの草を食べることを目指す。

4枚のゲームボードをランダムに組み合わせ、各プレイヤー4匹ずつのディプロを卵のマスに置き、空いているマスに草トークンを置いてスタート。手番には自分の色のディプロか、ティラノサウルスのどちらかを2回移動させる。

ディプロは直線上に行き止まりまで何マスでも進むことができ、草トークンのマスに止まれば獲得し、誕生やティラノザウルスの登場、追加移動などの追加アクションができる。ティラノサウルスも移動は同じで、ディプロのマスに止まったら持ち主に返される。

草トークがなくなるか、盤上からどちらかのディプロがなくなったらゲーム終了で、多くの草トークンを獲得したプレイヤーが勝利。喰うか、喰われるかの緊張感の中で、先の先を読んで賢く草を食べよう。立体的なプラスチックコマが魅力の恐竜ゲームだ。

内容物:ルール説明書1冊、草原ボード4枚、ディプロコマ10個、Tレックスコマ2個、草トークン28個

jurassicsnackJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください