ARで絵を描く『ピクショナリー エアー』7月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pictionaryairJ.jpgマテル・インターナショナルは7月下旬、AR(拡張現実)を使ったお絵描きゲーム『ピクショナリー エアー(Pictionary Air)』を発売する。作者不明、3~12人用、10歳以上、15~60分、2800円(税別)。今月6日よりトイザらスにて先行発売中。

ロングセラーのお絵描きゲーム『ピクショナリー』(1985)の最新シリーズ。『ピクショナリーマン』(2008)に続いてアナログとデジタルを融合した作品である。

2つのチームに分かれ、チームの1人が付属のライトペンでお題の絵を空中に描き、ジェスチャーと組み合わせてヒントを出す。残りのチームメンバーは無料アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットでその様子を映し出し、ライトペンの軌跡で浮かび上がった絵をヒントにお題を当てる。制限時間の中で、より多くのお題を当てることができたチームが勝ち。

大きな絵を描いて、自分自身のジェスチャーと組み合わせることにより、紙に描いた絵とは違った表現が可能。また撮影した動画を録画したり保存したりして、遊んだ後に見返したり、SNSなどでシェアしたりもできる。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください