『十二季節の魔法使い:魅ノ国』『〃:運命の行方』日本語版8月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月上旬、『十二季節の魔法使い:魅ノ国(Seasons: Enchanted Kingdom)』と『十二季節の魔法使い:運命の行方(Seasons: Path of Destiny)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ボネセー、イラスト・X.コレット&X.G.ドゥラン&V.ジュベール&P.ドゥルーアン&M.レセンヌ&P.マファヨン&J.リヴィエール、2~4人用、14歳以上、60分、各3000円(税別)。

カードとダイスをドラフトするファンタジーゲーム『十二季節の魔法使い』は、2012年にリベル社(フランス)から発売され、翌年に日本語版が発売された。プレイヤーはファンタジー世界の王国の偉大なる魔法使いを目指し、伝説の「十二季節の魔法試合」に挑む。

『十二季節の魔法使い:魅ノ国』はオリジナルが2013年に発売された第1拡張セット。基本セットの一緒に使える新たなパワーカード40枚、毎回のゲームを独自なものへと変えるエンチャントカード10枚、魔術師をカスタマイズする特殊能力トークン12個が入っている。神々がまだ王国を歩んでいた遙か遠き時代の名残で、王国にまだ残っている強力なエンチャント―を慎重にかつ大胆に操って勝利を引き寄せよう。

『十二季節の魔法使い:運命の行方』はオリジナルが2014年に発売された第2拡張セット。新たな21種類(各2枚)のパワーカードが追加されるほか、魔術師をカスタマイズする特殊能力トークンや、新たな10枚のエンチャントカードが入っている。中には、謎の運命ダイスの力を解き放つものもあり、運を女神に任せる場面も出てくる。

『十二季節の魔法使い』の拡張セットはオリジナル版でもこの2作のみ。

seasonsexp2J2.jpg
(コンポーネント写真は英語版)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください