ランドルフの2人ゲーム『ベニスコネクション』日本語版、7月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ピチカートデザインは本日、2人用ボードゲーム『ベニスコネクション(Venice Connection)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・A.ランドルフ、イラスト・J.リュッティンガー、2人用、8歳以上、10分、2000円(税別)。

運河タイルを交互に配置し、ひとつなぎの運河を完成させる最後の1ピースを置いた方が勝つ。しかし、残りのタイルで運河を完成できないことに気付いたら「この運河は完成しません」と宣言。その後、相手が運河を完成できなければ宣言をした方の勝ちとなる。短時間で悩ましいゲームだ。

故アレックス・ランドルフ(1922-2004)の作品で、オリジナルは1988年に発表された。その後、ランドルフの友人でもあるヨハン・リュッティンガーがイラストを一新して1996年にドライマギア社から発売。ドイツ年間ゲーム大賞で美術賞を獲得している。

今回の日本語版はオープンプレイ社(韓国)が2017年にリメイクしたもの。オープンプレイ社が追加したT字型のタイル「ミント・タイド(Mint Tide)」を同梱し、戦略性がより高まっている。

JELLY JELLY GAMES:ベニスコネクション


コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください