曖昧なヒントから凶器と証拠を推理『ディセプション』 日本語版、9月6日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ピチカートデザインは9月6日、正体隠匿ゲーム『ディセプション(CS Files 犯罪現場/Deception: Murder in Hong Kong)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.ホー、イラスト・M.アダムスキ&B.カーレ&T.NG&A.ウォン、4~12人用、14歳以上、15~30分、4000円(税別)。

ジョリーシンカーズ(香港)から2014年に発売された作品。香港のネオン街で発生した恐ろしい殺人事件で、凶器と手がかりから殺人事件の犯人を突きとめる。

各プレイヤーに役割カードを1枚ずつ配って、犯人・共犯者・捜査官・目撃者などの配役が密かに決定される。捜査官側は犯人の証拠カードと手段カードを当てること、犯人側は最終ラウンドが終わるまでやりすごすことを目指す。

各プレイヤーの前には証拠カードと手段カードが4枚ずつ並べられている。犯人役になったプレイヤーは、「法医学者」(ゲームマスター)に、犯行に使った手段と証拠を、自分の前から1枚ずつ指定する。

法医学者は、被害者の正確や犯行時刻などが6択で示された場面タイルに弾丸マーカーを置いて、ほかのプレイヤーに犯人が持っている手段と証拠のヒントを伝える。この情報をもとに、ほかのプレイヤーは手段と証拠を特定し、誰が犯人かを当てなければならない。

ゲームの途中で手段と証拠が分かったと思ったら、それらを指定して合っていれば、法医学者と捜査官側の勝利、全員が外れるか3ラウンド終われば犯人側の勝利となる。

多種多様な証拠カードと手段カードに対し、場面タイルで伝えられることは限られており、さらに犯人側が操作を混乱させるため、一筋縄では行かない。推理だけでなく想像力と、嘘を見破る力が試される正体隠匿ゲームだ。

内容物:役割カード(黒)12枚、証拠カード(赤) 200枚、手段カード(青) 90枚、場面タイル 32枚(イベントタイル 6枚も含む)、バッジトークン 11枚、弾丸マーカー 6個、日本語ルール 1部

JELLY JELLY GAMES:デセプション

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください