『クアックサルバー:薬草使いの魔女たち』日本語版、10月10日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

quacksalberkraeuterhexenJ.jpgアークライトは10月10日、『クアックサルバー:薬草使いの魔女たち(Die Quacksalber von Quedlinburg: Die Kräuterhexen)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、イラスト・D.ローハウゼン、2~5人用、10歳以上、45分、3500円(税別)。プレイするためには『クアックサルバー』本体が必要。

昨年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したバッグビルドゲームの拡張セット。オリジナルはシュミットシュピーレ(ドイツ)から今年発売されている。1人分のコンポーネントを加えて5人までプレイできるようになるほか、要素を追加・変更できる。

それぞれの材料チップの効果を変える新たな薬剤解説タイル2種類、数字が「6」の大きなかぼちゃチップ、状況に応じて数字が変わる猛毒の材料「ダツラ」、コインを貯めて特殊能力を使える「魔女小屋タイル」などが入っており、新しい戦略が楽しめるだろう。
 
内容物:鍋ボード1枚、薬ビントークン1個、薬袋1枚、雫トークン2個、干しネズミトークン1個、得点マーカー1個、0/50マーカー1個、薬材解説タイル8枚、魔女小屋タイル12枚、材料チップ154枚、魔女のコイン15枚、ルビー20個、取り分けボウルタイル5枚、ルール説明書1冊

quacksalberkraeuterhexenJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください