『ジャングルスピード(2020年版)』日本語版、10月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

junglespeed2020J.jpgホビージャパンは10月中旬、スピードパターン認識ゲーム『ジャングルスピード(Jungle Speed)』2020年版を日本語版で発売する。ゲームデザイン・T.ヴアルシェ(トム)&P.ヤコヴェンコ(ヤコ)、アートワーク・SKWAK、2~10人用、7歳以上、15分、2600円(税別)。

1997年にフランスで発売され、これまでに300万個以上を売り上げているパーティーゲーム。今年3月に日本語版が出た2019年版からさらにデザインを変更しての再登場だ。パッケージは再び赤を基調としたものに戻り、トーテムの彩色も変わっている。

各プレイヤーは配られた自分の山札を順番にめくっていき、他のプレイヤーと同じ形の図形が現れたら、そのプレイヤー同士で、テーブル中央に配置されたトーテムを相手よりも早くつかむ。遅かったほうは勝者の捨て札の山すべてを自分の山札に加えなければならない。こうして先に自分の山札と捨て札のすべてがなくなればゲームの勝者となる。

カードには類似の図形がたくさん入っており、お手つきをしてしまうと全員の捨て札を引き取るとうペナルティがある。瞬時の判断力と、緊張に負けない力が試されるアクションパーティゲームだ。

内容物:カード70枚、木製トーテム1本、キャリーバッグ1枚

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください