いろいろな呼び方でカード集め『ニックネーム/nickname』一般発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クレーブラットは8月29日、ちょっと変わったニックネームでお互いの名前を呼び合うカードゲーム『ニックネーム/nickname』を全国発売した。ゲームデザイン・ななな社長、イラスト・北村ふる/りんすけ、3~6人用、8歳以上、15分、1500円(税込)。

フローリッシュゲームズ/七味Studiosがゲームマーケット2019大阪で発売した作品。ニックネームで相手を呼んでカードを集めるコミュニケーション&セットコレクションゲームだ。

手番には、他プレイヤーの中から1人を選び、自分が欲しいカードをいう。サッカーボールなら「先輩」、刀なら「どの」、顕微鏡なら「博士」、100円なら呼び捨てというように、欲しいカードによって呼び方を変えなければならない。

相手はそのカードを持っていれば渡さなければならず、こうして4枚1セットでたくさんのセットを集めることを目指す。自分がもっている系統のカードしか相手に要求できないため、お互いの手札がある程度分かるところもポイント。

呼び方を変えれば、言葉遣いも敬語になったり時代劇風になったりして笑いも巻き起こる。たくさん名前を呼び合ってゲームが終わる頃には親しくなれるゲームだ。

クレーブラット:ニックネーム/nickname

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください