資源を集めてタイルを揃える『アンクォール』日本語版、11月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ankhorJ.jpgホビージャパンは11月中旬、『アンクォール(Ankh'or)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.クリッタン&G.ラルゲイ&S.ポーション、イラスト・G.ランヌリアン、2~4人用、10歳以上、30分、3000円(税別)。

スペースカウボーイズ(フランス)から今秋発売される作品。資源を効率よく蓄え、古代エジプトに貿易帝国を築くリソースマネージメント&タイル構築ゲームだ。

自分の手番には資源やアンクを3枚収集するか、集めた資源で市場からタイルを購入し、購入したタイルを配置のルールに従って並べる。同じ色か同じ動物(スカラベ)が描かれているタイルがつながると勝利点を獲得。最大13枚のタイルで勝利点を競う。

アンクトークンを使うと、市場のタイルを移動し、タイルの購入に必要なコストと商品の種類を変更できる。誰かが13枚目のタイルを配置すると、同じ手番数だけ行ってゲーム終了となるので、資源集めばかりしていると乗り遅れてしまう。ほかのプレイヤーに先駆けて、高得点のパターンを作ろう。

スペースカウボーイズがヒット作『宝石の煌めき』をリリースして5年。比肩しうる作品の登場だ。
ankhorJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください