輪廻を象徴的に描くカードゲーム『マンダラ』日本語版、11月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

mandalaJ.jpgホビージャパンは11月中旬、2人専用カードゲーム『マンダラ』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.ベンジャミン&B.ギルバート、イラスト・K.フランツ、2人用、7歳以上、20分、3000円(税別)。

ルックアウトシュピーレ(ドイツ)が今年発売した作品。2人用ゲームシリーズにも力を入れている同社の『アグリコラ:牧場の動物たち』『ル・アーブル:内陸港』『カヴェルナ:洞窟対決』『パッチワーク』『路面電車』などに続く新作だ。輪廻がテーマで、布製のプレイマットに描かれた2つの曼荼羅に配置して、価値の高いカードを集める。

ゲームのはじめには、どのカードが価値が高いかは分からない。手札を6枚ずつと、勝利点の山札(「器」)に2枚ずつもつ。カードはルールにしたがって中央(「曼荼羅」)か自分側の場札(「川」)に置く。「曼荼羅」に置けばカードが補充でき、「川」に置けば「曼荼羅」の支配を強められる。

1つの「曼荼羅」に6色集まったら完成で、「川」に置いたカード枚数によって交互に中央の色を取り、「川」と「器」に加える。山札がなくなるか、「川」が6色揃うとゲーム終了で、「器」のカードを、「川」の色の組み合わせによって得点化し、合計の多いほうが勝つ。

3つのカード置き場が絡み合い、秘術のように奥が深いカードゲームだ。

内容物:布製のプレイマット1枚、カード110枚、ルールシート

mandalaJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください