派手な効果のビッド式トリテ『スカルキング・レジェンド』日本語版、10月11日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

横浜のボードゲームショップ「リゴレ」は本日、トリックテイキングゲーム『スカルキング・レジェンド(Skull King Card Game + Legendary Expansion)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・B.ベック&A.ストック、イラスト・E.フライターク&A.ストット、2~6人用、8歳以上、30分、2000円(税別)。

オリジナルは2013年、グランパベックスゲームズ(アメリカ)から発売され、シュミットシュピーレ(ドイツ)が2016年にドイツ語を含む多言語版を製作した。今回の日本語版はグランパベックスゲームズの第3版(2018年)に基づき、カード構成などに変更がある。

何回勝てるかを予想するタイプのトリックテイキングゲーム。手札の内容を見て、何回勝てそうかをビッドした後、トリックテイクを行い、予想通りなら得点、外れれば失点となる。第1ラウンドは手札1枚からスタートし、手札10枚の第10ラウンドの後、合計得点で勝敗を決める。

大枠は『ウィザード(1984)』と同じルールだが、同時ビッドや特殊カードによる逆転、ボーナスが加わり、よりにぎやかに遊べるようになっている。またレジェンド拡張分として、最強の海賊「スカルキング」を倒す美しい「マーメイド」、出した人と勝った人で同盟を組んで共闘する「略奪品」、トリックの勝者をいなくさせる「クラーケン」、5つの新効果をもつ「海賊」を加えれば先の読めないエキサイティングな展開になるだろう。

リゴレは2017年、横浜中華街にオープンしたボードゲームショップ&プレイスペース。日本語版のリリースは今回が初めてとなる。日本語版独自に独自の「カードの強さ一覧」を入れ、より遊びやすいように工夫している。

リゴレ:スカルキング・レジェンド link

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください