宝石で宝石を競る『ファフニル』11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オインクゲームズは11月23日、ゲームマーケット2019秋にて『ファフニル(Fafnir)』を発売する。ゲームデザイン・佐々木隼、2~4人用、9歳以上、20分、2200円(税別)。ゲームマーケット会場(エリア41)で試遊・購入可能(特別価格2000円)。

「ファフニル」というニワトリが産む宝石を、宝石の握り競りで集めるゲーム。手持ちの宝石をたくさん出せば、産みたての宝石をもらうことができるが、宝石の価値は皆がもっている数で変動する。価値を操作し、最後に価値ある宝石をたくさんもっていることを目指す。

毎ラウンド中央に宝石が2個置かれる。プレイヤーは手持ちの宝石を握り込み一斉に公開。よりたくさん握り込んでいたプレイヤーが、握っていた宝石を捨て場に捨て、ファフニルが産んだ宝石を受け取る。

宝石の価値は、最終的に全員の合計で一番多かった色の石が3点、2番目の色が2点で、それ以外の色はすべてマイナス1点になってしまう。マイナスになりそうな石は捨て、プラスになる石を集めたいところだが、ファフニルが産んだ宝石の色は、そのラウンドでは捨てられず、たくさん捨てると要らない宝石まで受け取る羽目に。

スピーディーながら1回1回の握り込みに濃密な駆け引きがあり、裏をかいた宝石の選択や、意図しないドラマも起こって、何度も遊びたくなる作品となっている。

内容物:木製宝石コマ 80個、布袋 1枚、ついたて 4枚、ファフニルボード 1枚、金チップ 45枚、捨て場ボード 1枚、遊び方説明書(日本語・英語)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください