全世代向きのボードゲームを認定、ドイツ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツの非営利団体「シュピーレカフェ・デア・ゲネラツィオーネン(Spielecafé der Generationen)」は今月15日、ミュンヘンで行われているボードゲームイベント「シュピールヴィーズン(Spielwiesn)」会期中に、「ゲネラツィオーネン・シュピール(Generationenspiel、全世代向けのボードゲーム)」認証式を行った。バイエルン州家族労働社会省事務次官のC.トラウトナー氏をはじめ、出版社、デザイナー、記者、政治家70名以上の立ち会いのもと、以下の6タイトルに認定証が贈られた。

祖父母、父母、孫と三世代にわたって一緒に楽しめ、世代をつなぐボードゲームを選ぶプロジェクト。審査員にはドイツ年間ゲーム大賞を設立したT.ヴェルネック氏ら6人があたった。

認定式に招かれたトラウトナー氏は幼少期のボードゲーム体験を語り、「ボードゲームは世代を超えて人々を結びつけます。結束と私たちという感覚を家族や仲間で強めるからです。ボードゲームは障壁を取り除き、共通の敬虔で世代を結びつけます」とコメントしている。

認定されたのは以下の6タイトル。

ゲネラツィオーネン・シュピール
パッチワーク・エクスプレス(Patchwork Express、ルックアウトシュピーレ)
メモアァール!(Memoaaar!、シュピールヴィーゼ出版)
ビラボング(Billabong、フランヨス)
クウィックス(Qwixx、NSV)
ラマ(L.A.M.A.、アミーゴ)
宝石の煌き(Splendor、スペースカウボーイズ)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください