オークション&セットコレクションで支持を集める『セネターズ』日本語版、11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは11月23日、『セネターズ(Senators)』日本語版を発売する。H.タータ&R.タータ、イラスト・S.グスタフソン他、3~5人用、12歳以上、45~60分、3500円(税別)。

共和政末期のローマで派閥の長となり、富を用いて元老院(セネター)での支持を買い求め「カエサル」となることを目指す。フェルティ社(フランス)より2017年に発売された作品。フェルティ社によるドイツ語・フランス語と、インディー・ボード&カード社による英語版以外の言語で出るのは初めて。

4つの市場で売りに出される資源カード(6色、各1~9が1枚ずつ)を入札で獲得する。落札者は代金を手番プレイヤーに支払うが、逆に手番プレイヤーがその額を支払えばカードを獲得できる。こうして同じ数か色のカードが3枚揃ったら、数字の合計金額で売却。そのお金で元老院の支持を獲得する。

そのうち市場では元老院カードの入札が行われ、派手な特殊効果が炸裂し始める。手番ごとにめくられるイベントカードで「戦争」が4枚出たらゲーム終了で、最も多く元老院の支持を獲得していたプレイヤーが勝利する。

手番には、「強請」というアクションがあり、他プレイヤーのカードを提示額で買い取る。ここでも提示額を逆に支払うことで拒否できるところも濃厚な駆け引きを生む。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください