『コンコルディア・ヴィーナス』日本語版、12月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは12月28日、古代ローマ帝国を舞台にしたデッキ構築ゲームの拡張『コンコルディア・ヴィーナス(Concordia Venus)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・M.ゲルツ、イラスト・M.ハーレンバッハ&D.マイヤー、2~6人用、12歳以上、60~120分、6000円(税別)。プレイするためには『コンコルディア』本体が必要。

オリジナルはPD出版(ドイツ)から2018年に発売された。大型拡張としては『サルサ(2015年)』以来となる。新しいマップ「イオニア」「ヘラス」と、新しい人物カードによって新しい戦略が楽しめるだけでなく、ペア2~3組によるチーム戦でもプレイできる。

タイトルにもなっているヴィーナスは愛の女神。チーム戦の場合、パートナーと向かい合って座り、プレイヤーがカードを出してアクションを行った直後、パートナーもカードを出さずにそのカードのアクションを行う。

またゲーム終了時、ヴィーナスの人物カードをもっていると、個人戦の場合、自分の家が2個以上置いてある属州1つにつき2勝利点、チーム戦の場合、各属州にチームの2人両方が1個以上家を置いていると1勝利点1を獲得する。勝利を収めるにはペアのチームワークが試される。

また、白のプレイヤーコマが1セット入っており、本体やほかの拡張も6人プレイが実現する。

ニューゲームズオーダー:コンコルディア・ヴィーナス

concordiavenusJ.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください