中京テレビNEWSにソルナーゲームズ登場、自作ゲームを副業に

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

中京テレビで10日放送の夕方の生活情報・報道番組「キャッチ!」にて、名古屋の自作ボードゲームを紹介するニュースが放映された。下記リンクの動画で見ることができる。

JELLY JELLY CAFE名古屋大須店で、自作ボードゲームのテストプレイ会が開かれているシーンから。その中のひとり、明地宙氏(SolunarG)は普段、学童クラブで働いている。4年前からボードゲームを自作し始め、昨年『FOGSITE』でゲームマーケット大賞を受賞した。いくつかの企業から製品化のオファーがあり、現在交渉中だという。

自作ゲームの例として長谷川五郎氏の『オセロ』が挙げられ、ゲームマーケットの参加者が3年前の2倍に増えていると報じた。英会話教室を経営する夫婦が制作した『キモイエイタンゴカードボードゲーム』が登場し、JELLY JELLY CAFEに持ち込み。しかし鈴木貴博店長は「英語をたくさん知ってる人だと簡単すぎちゃうのかな」「身内目線じゃないところでやってもらったほうがストレートな意見が出る」と忌憚なくコメントした。

数が増えるだけでなくどんどんクオリティーが上がっている自作ボードゲーム。趣味としてだけではなく、副業としても注目されそうだと結んだが、そこまでクオリティーを上げるのは一筋縄ではいかないこともしっかり伝えられていた。

中京テレビでは昨年11月にも、ボードゲームカフェを取り上げる番組 を放映している。

中京テレビNEWS:自らのアイデアをゲームに 今注目の"自作ボードゲーム" 人気が出れば製品化も

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください