棟梁の指示で街づくり『タイニータウン』日本語版、1月15日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

tinytownsJ.jpgケンビルは1月15日、『タイニータウン(Tiny Towns)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.マクファーソン、イラスト・ゴンスタジオ&M.パケット、1~6人用、14歳以上、45~60分、4800円(税別)。

AEG(アメリカ)から2019年に発売された作品。森の中で小さな生き物が作った小さな街の市長となり、限られた資源を無駄にせずに街を広げる。

各自資材キューブを4マス×4マスの個人ボードに並べ、特定の配列に並べられたキューブを支払って7種類の建物を建築する。建物はユニークな方法で得点となり、誰も資源を配置できず建物も建てられなかったらゲーム終了となる。

全員が配置する資材キューブの種類を決めるのは、毎ターン交代する"棟梁"を担当するプレイヤー。自分のやりたいことをやるか、他人がやりたくないことをやるか、もどかしく、悩ましく、楽しい作品だ。

建物カードは25種類、各プレイヤーがゲーム中1回だけ建てられるモニュメントカードは15種類あって、ゲームごとに異なる展開が楽しめる。さまざまなかたちの建物コマが133個入っており、小さな街に並ぶさまも美しい。

ケンビル:タイニータウン 日本語版 link

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください