ノヴァルナ(Nova Luna)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ここに赤が来てほしい!

novaluna.jpg

指定された色が揃うようにタイルを並べるアブストラクトゲーム。モーセルがクワリ社から発表した『ハビタッツ』に基づいて、ローゼンベルクがデザインした。

環状に中央の場からタイルを1枚取って自分の前に置く。タイルには周囲に置くべきタイルの色が指定されており、それを達成したら自分のコマを置く。自分のコマを先に使い切ったら勝ちとなる。

手番順は『パッチワーク』式。タイルには時間コストが書いてあって、取ったら自分のコマが進む。コマが一番進んでいない人が手番を行う。時間コストの少ないタイルを取れば連続手番も可能だが、そういうタイルは達成ポイントがないか、あっても達成しにくい。

3人プレイで30分ほど。ほかのプレイヤーが欲しがっているタイルはお互い分かるので、そのタイルを取らせることになっても自分がほしいタイルを選ぶか、自分にとってはあまり得にならなくても相手に取らせないことを優先するか悩ましい。ほしいタイルがかぶっていることもある。「うわ、狙ってたの取られた~!」

黄色が必要な赤タイルの隣に、赤が必要な黄色タイルを置けば、相互参照で一度に両方達成できる。また連続する同じ色は隣接していなくてもいいので、一色をまとめておけば、その色の達成が何度もできる。達成しているかどうかのチェックがやや分かりにくいが、慣れてくると、どのタイルを取るべきか、道筋が見えてくるだろう。そのタイルが場にあるとは限らないけれども。

タイルを共通の場から取るという仕組みでパズルにインタラクションをもたせるローゼンベルクの手法は、『パッチワーク』『コテージガーデン』『インディアンサマー』『スプリングメドウ』で見られる。これらの作品は全てテトリスタイルを用いるのに対して、『ノヴァルナ』は色を参照するというモーセルのアイデアを取り入れたことで、パターンの自由度が高く、それゆえ創造力が試されるものとなっている。

Nova Luna
ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&C.ファン・モーセル
イラスト・L.ジーグモン
シュピールヴィーゼ出版+ホビージャパン(2019年)
1~4人用/8歳以上/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください