12の事件の謎を解明せよ『デッドライン』日本語版、4月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

deadlineJ.jpgアークライトゲームズは4月23日、協力型ミステリーゲーム『デッドライン(Deadline)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.B.ウエスト&D.シュネイク、イラスト・T.バビー&P.ギフォード&G.オービク、2~4人用、14歳以上、60分、4500円(税別)。

オリジナルは2017年、ウィズキッズ社(アメリカ)から発売された。探偵となり、協力して怪事件の謎を解き明かす謎解きボードゲーム。

舞台は1930年代のニューヨーク。プレイヤーは元警察官のボスが集めた精鋭の探偵となり、協力して手札を出し合い、手がかりカードを集め、物語を進めて、事件の真相解明を目指す。

プレイヤー同士がコミュニケーションをとりながら推理を進めていくが、必要な情報はすべてカードのやりとりで手に入れて確認できるため、メモを取る必要はなくプレイアビリティーが上がっている。しかしプレイヤー全員が協力してカードを出していかないと、あっさりと失敗してしまうスリルもある。

事件は12種類。ウソをつく関係者たち、現場に残されたさまざまな証拠、そして二転三転する物語......いずれの事件にもミステリーマニアが喜ぶようなトリック、仕掛けが満載で、ミステリードラマの主人公になりきって推理の腕が試される。

内容物:探偵カード 8枚、弾丸トークン 3個、紙マッチトークン 4個、調査カード 45枚、イベントカード 20枚、手がかりカード 233枚(12セット)、事件簿 1冊、探偵バッチ 1個、質問帳 1冊、解答篇 1冊、早見表カード 4枚(カードサイズ:63×88mm)

deadlineJ2.JPG
(写真は英語版)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください