ゲームマーケット2020春も新型コロナウィルスで中止

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は24日、4月25~26日に開催される予定だったゲームマーケット2020春について、新型コロナウィルスの流行拡大を受けて開催自粛することを発表した。今月開催予定だったゲームマーケット2020大阪に続く2回連続の中止で、国内ボードゲームシーンへの影響はますます大きくなっている。

事務局では関係機関と協議を続けてきたが、安全が確保されるという結論に至らず、またマスク着用や検温チェックの義務化、入場規制や試遊中止など万全の対策を行った場合、もはや楽しく過ごせるイベントではなくなってしまうという思いや、この時期に大規模な感染拡大があった場合、ボードゲーム全体のイメージが低下する危惧があったという。

ゲームマーケット2020大阪は政府の中止・延期要請を受けて開催11日前に中止が発表されたが、今回はキャンセルにかかるコストを抑えるため、早めの1ヶ月前の発表となった。

「ゲームマーケット20周年記念カタログ」となったカタログは販売を継続し、チケットは今後のゲームマーケットで使えるようにする。支払い済みの出展料については、返金・次回以降で使用・寄付のいずれかを選ぶことができる。また当日販売できなくなったゲームについては手数料0円の通販サイトを始めるほか、コラボイベントで直接販売する機会も設けるという。

これによって次回のゲームマーケットは11月14~15日に行われる2020秋となった。開催まであと8ヶ月、事態の収束を祈りたい。

新型コロナウィルスは現在、欧米で感染が急拡大しており、ボードゲームイベントにも影響が出ている。3月27日から3日間にわたって開催予定だったシュピール・ドッホ!(ドイツ)が中止、5月29~31日に開催予定だったUKゲームエキスポ(イギリス)が8月21~23日に延期することになっている。6月17~21日に開催予定のオリジンズ(アメリカ)は5月1日に開催の可否を判断するとしている。

ゲームマーケット公式:【重要】ゲームマーケット2020春 開催自粛のお知らせ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください