JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

協力して孤島を生き延びる『ロビンソン・クルーソー』日本語版、6月18日発売 - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

協力して孤島を生き延びる『ロビンソン・クルーソー』日本語版、6月18日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

RobinsonCrusoeJ.jpgアークライトゲームズは6月18日、『ロビンソン・クルーソー(Robinson Crusoe : Adventures on the Cursed Island)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・チェビチェク、イラスト・T.ベントコウスキほか、1~4人用、14歳以上、90~180分、7800円(税別)。

オリジナルはポータルゲームズ(ポーランド)から2012年に発売された作品。ゴールデンギーク賞で4部門にノミネートされ、テーマゲーム部門で優勝。国際ゲーマーズ賞でノミネート、スイスゲーマーズ賞に輝き、これまで12ヶ国語で発売された。今回の日本語版は、アートワークを一新した第4版(2016年)に基づいている。フリーゼの1人専用ゲーム『ロビンソン漂流記』とは別作品。

各プレイヤーは兵士、探検家、大工、料理人を担当し、手持ちのコマでさまざまなアクション(探検、狩猟、アイテム作成、資材の収集など)を行って危険に満ちた孤島での生存することを目指す。シナリオが7つ用意され、クリア条件を達成するにつれて、やがて海賊の宝や廃村、地下都市や呪われた神殿が発見されていく。

イベントカードがめくられ、さまざまな危機が襲いかかる中、各プレイヤーは議論してそれぞれのアクションを選ぶ。最後にアクションの成否やシナリオ・イベントの効果をダイスで決め、1ラウンド(1日)が終わる。シナリオに示されたクリア条件を達成したら全員の勝利、その前に規定日数が経過したり、誰か1人でも死んだりしたら全員の敗北となる。

多様なイベントとアクションで紡がれるナラティブなゲーム。島の新たなエリアを探検し、資材で新しいアイテムを作り出してゆくのは冒険心をくすぐる。ソロプレイにも対応しており、1シナリオずつじっくり取り組むのもよい。

内容物:専用ダイス 12個、コマ用シールシート 1枚、木材マーカー 18個以上、毛皮マーカー 7個以上、食料マーカー 12個以上、保存食マーカー 5個以上、その他の木製マーカー類 41個、プレイヤーアクションコマ 8個、中立アクションコマ 10個、島タイル 11枚、紙製トークン類 93個、イベントカード 73枚、秘密カード 52枚、難破船カード 3枚、冒険カード 90枚、フライデーカード 1枚、フライデーコマ 1個、犬カード 1枚、犬コマ 1個、発明カード 30枚、「キャンプ整頓」カード 1枚、初期装備カード 8枚、猛獣カード 16枚、ゲーム盤 1枚、シナリオシート 4枚、キャラクターシート 4枚、早見表 1枚、ルール説明書 1冊(※カードサイズ 44×68mm、58×88mm)


RobinsonCrusoeJ2.jpg
(上の写真は英語版)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください