『王と枢機卿』日本語版、3月11日発売

| コメント(0) | はてなブックマーク - 『王と枢機卿』日本語版、3月11日発売 

王と枢機卿日本語版ゲームフィールドは3月11日、ドイツの名作陣取りゲーム『王と枢機卿(Kardinal und König)』日本語版を発売する。3~5人用、12歳以上、45分、5775円。

『コロレット』『ズーロレット』の作者M.シャハトのデザインで2000年に発売されたボードゲーム。ヨーロッパの各地に修道院を建設し、また枢機卿を送り込んで勢力を増やす。カードを出して、対応するエリアにコマを置き、エリア最多を狙うというオーソドックスな陣取りゲームながら、エリアがからみ合うためジレンマを生み出している。ドイツ年間ゲーム大賞候補に選ばれ、ドイツゲーム賞8位に入った。2014年の今では珍しい、骨太のドイツゲームだ。

その後、舞台を中国に変えて2005年、『チャイナ(China)』というタイトルでリメイク。どちらも絶版になっているが、舞台がヨーロッパということもあってこちらのほうが中古市場で人気を集めていた。今は活動休止しているレーベル「ゴルトジーバー(Goldsieber)」の最盛期の作品ということも人気の一因となっている。

今回の日本語版では、オリジナル版にはなかった3~4人用マップと、拡張セットの「バチカン」「対決」も同梱されている。

ゲームフィールドが手がける日本語版は昨年9月の『ムガル』に続いて2タイトル目。3月9日(日)のゲームマーケット2014大阪で同ブースから先行販売された後、11日からボードゲーム専門店に発送され、発売されることになっている。

ゲームフィールド:「王と枢機卿」発売日等について

コメントする

カレンダー