『進撃の巨人』がボードゲームに デザインはボザ&モーブロン

| コメント(0) | はてなブックマーク - 『進撃の巨人』がボードゲームに デザインはボザ&モーブロン 

クリプトゾイク・エンターテインメント(アメリカ)は2016年、日本のコミック『進撃の巨人(英題:Attack on Titan)』をテーマにしたボードゲームを制作していることを明らかにした。デザインは、A.ボザとL.モーブロン(共にフランス)が担当する。

A.ボザは日本通で知られ、代表作に『世界の七不思議』『花火』『タケノコ』などがある。L.モーブロンは『キャッシュ&ガンズ』のデザイナーで、2人は今年のゲームマーケット2015春で来日している(TGiWニュース)。

クリプトゾイク・エンターテインメントは『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』『ゴーストバスターズ』などのボードゲームを次々と制作しており、今回はフランスの出版社ドント・パニック・ゲームズとのコラボによりこのゲームを製作する。そして今週末に開かれるロサンゼルスのアニメ博と、パリの日本博で展示されることになっている。

ボザとモーブロンはコンビで『ランペイジ:怪獣征服』(TGiWレビュー)をデザインしているが、『進撃の巨人』は新しいシステムになる。1人のプレイヤーが立体の巨人コマを担当し、ほかのプレイヤーが登場人物を担当して巨人コマを登り、倒すことを試みるという。

ICv2:'Attack on Titan' Board Game
CBR:'Attack on Titan' board game coming from Cryptozoic(プロトタイプ写真)

コメントする

カレンダー