2016年1〜3月のアクセス解析

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アクセスの多かった記事ランキング(セッション数)
1.フランスの協力型冒険ゲーム『大いなる狂気の書』日本語版、2月下旬発売 2974
2.ボードゲーム愛好者の喫煙率 1786
3.東京・飯田橋にボードゲームバー、1月27日オープン 1753
4.第4回ボードゲーム川柳大賞:結果発表! 1655
5.『オニリム』シリーズ第3弾『シルヴィオン』日本語版、2月下旬発売 1614
6.ボードゲームバー「グリュック」を訪問 1279
7.『アンドロイド:ネットランナー』日本語版、2月20日発売 1260
8.ナショナルエコノミー(National Economy) 1207
9.ポーランドの『コレイカ』、ロシアで発売禁止に 1190
10.K.トイバーの名作『さまよえるオランダ人』日本語版が3月発売 1120

昨年の今頃は『枯山水』がブームとなりましたが、今年はそのような国産ゲームがなく、相対的に輸入ゲームの注目率が上がりました。協力ゲーム『大いなる狂気の書』、1人ゲーム『シルヴィオン』、2人ゲーム『アンドロイド:ネットランナー』、旧作リメイク『さまよえるオランダ人』と、変わり種が注目されています。

国産ではゲームマーケット2015秋の新作評価アンケート1位だった『ナショナルエコノミー』がランクインしました。また、東京・飯田橋のボードゲームバー「グリュック」が、オープンとレポートの両方の記事でランクインし、話題となっているようです。

3ヶ月のページビューは354,420(1日平均3,938)、ユーザ数は63,269でした。いつもご訪問頂きありがとうございます。

コメントする

カレンダー