ドイツ年間ゲーム大賞2016ノミネート

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日、各部門のノミネート作品と推薦リストを発表した。例年通り、赤いポーンの年間ゲーム大賞、青いポーンの年間キッズゲーム大賞、灰色のポーンの年間エキスパートゲーム大賞の3部門について各3タイトル、合計9タイトルがノミネートされた。ノミネート作品の中から、赤と灰色のポーンは7月18日にベルリンで、青いポーンは6月20日にハンブルクで大賞を決定する。

メインである年間大賞(赤)にノミネートされたのは、チーム戦のヒントゲーム『コードネーム』と、エジプトを舞台にした石材建設ゲーム『インホテップ』、ジャングル探険ゲーム『カルバ』の3タイトル。新機軸のコミュニケーションゲームと、骨太のドイツゲーム2タイトルの競争となった。推薦リストにはバラエティ豊かな5タイトルが選ばれている。

エキスパートゲーム大賞(灰色)のノミネートには、スコットランドを舞台にしたタイル値付けゲーム『スカイアイランド』、人気協力ゲームにキャンペーン制を導入した『パンデミックレガシー:シーズン1』、フランスのストーリー謎解きゲーム『タイムストーリーズ』が選ばれた。やや難易度の高いドイツゲームに、ネタバレ禁止のナラティブゲーム2タイトルの一騎打ちとなっている。推薦リストには、ゲーマーから高い評価を集めている『モンバサ』など3タイトルが入った。

キッズゲームはアバクス、ペガサス、ハンスと、一般・ゲーマー向けの出版社が発表したものが選ばれた。この点、キッズゲーム専門だったハバ社が年間ゲーム大賞にノミネートされているのと交差しているところが面白い。今年のボードゲームシーンを概観するT.フェルバー審査員のコメントは後ほど発表される予定。

【年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)ノミネート】
コードネーム
(Codenames / V.フヴァチル / チェコゲーム出版)
インホテップ
(Imhotep / P.ウォーカー・ハーディング / コスモス)
カルバ
(Karuba / R.ドーン / ハバ)
推薦リスト:スパイフォール、アニマルオンボード、7人のマフィア、クレージーヴォルツ(Krazy Wortz)、クウィント

【年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)ノミネート】
スカイアイランド
(Isle of Skye / A.ペリカン&A.プフィスター / ルックアウトシュピーレ)
パンデミックレガシー:シーズン1
(Pandemic Legacy Season 1 / M.リーコック&R.ダヴィオー / ズィーマンゲームズ)
タイムストーリーズ
(T.I.M.E Stories / M.ロゾイ / スペースカウボーイズ)
推薦リスト:世界の七不思議デュエル、ブラッドレイジ(Blood Rage)、モンバサ

【年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)ノミネート】
レオ
(Leo muss zum Friseur / L.コロヴィーニ / アバクスシュピーレ)
チャーリーのキッチン
(MMM! / R.クニツィア / ペガサスシュピーレ)
ストーンエイジ・ジュニア
(Stone Age Junior / M.トイブナー / ハンス・イム・グリュック)
推薦リスト:フラッターシュタイン城(Burg Flatterstein)、いねむり城、秘密のドラゴン洞くつ(Die geheimnisvolle Drachenhöhle)、ジャングル仲間(Dschungelbande)、ハリーホッパー、私の宝(Mein Schatz)、それ言ってジュニア(Sag's mir! Junior)

Spiel des Jahres e.V.:Die Nominierten 2016 stehen fest

コメントする

カレンダー