ドイツ年間ゲーム大賞2017に『キングドミノ』、エキスパート大賞は『脱出:ザ・ゲーム』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日10時30分(日本時間の17時30分)、ベルリン市内のホテルにて今年度大賞の発表と授賞式を行った。5月に発表されていた(TGiWニュース )各3タイトルのノミネート作品から、大賞には『キングドミノ』、エキスパートゲーム大賞には『脱出:ザ・ゲーム』が選ばれた。

審査員は授賞式の前夜に投票して大賞を決定する。当日はノミネート作品のデザイナー、イラストレーター、出版社の代表が招かれ、それぞれ3タイトルのノミネート作品を順番に紹介した後、大賞が発表された。

先に紹介されたのはエキスパートゲーム大賞。7回目の大賞に選ばれたのは『脱出:ザ・ゲーム』。ドイツ人デザイナーのブラント夫妻がデザインした謎解きゲームで、コスモス社(ドイツ)から発売されたシリーズ3作品がまとめてノミネートされていた。エキスパートゲーム大賞はブラント夫妻にとって『村の人生』以来5年ぶり2回目。コスモス社にとって『アンドールの伝説』以来4年ぶり2回目。

審査委員会は「完璧なゲームの原理と、協力冒険ゲームの注目に値する品質で、第一弾の3タイトル全てを表彰すべきだと確信される。多様で革新的な謎解きは決して平凡でなく、しばしば天才的な解答を探す楽しみがある。これらの作品は、脱出ゲームファンと、それを目指す人たちにとってマストアイテムである」とコメントしている。

TGiWレビュー:イクジット 秘密の実験室(EXIT: Das geheime Labor)

そしていよいよ赤ポーン、ドイツ年間ゲーム大賞の発表。今年の大賞には、『キングドミノ』が選ばれた。ドミノの要領で絵を合わせてタイルを配置し王国を作るゲームで、フランス人デザイナーのB.カタラがデザインし、ドイツ語版をペガサスシュピーレが取り扱っている。大賞をB.カタラが受賞するのは初。3年連続でドイツ以外からの作品の受賞となった。

審査委員会は「古典的なドミノの原理を、元のシンプルなエレガンスさを失うことなく、新しい地平をもたらした。それどころか、これからできあがるお城周りの地形の計画と、タイル選択のクレバーなメカニズムの調和が取れて噛み合っており、見事に本質的なものに還元されている。巨大王国を作る2人用ルールでは、ゲーム習得をすみやかにすることができる」とコメントしている。

TGiWレビュー:キングドミノ(Kingdomino)

ドイツ年間キッズゲーム大賞の発表は先月19日に発表され『アイスクール』が大賞に選ばれている(TGiWニュース )。

『キングドミノ』はテンデイズゲームズから日本語版が発売されており、『脱出:ザ・ゲーム』はグループSNEが来月から日本語版を発売する予定となっている。

Spiel des Jahres e.V.:"Kingdomino" ist das Spiel des Jahres 2017
Spiel des Jahres e.V.:"EXIT - Das Spiel" ist das Kennerspiel des Jahres 2017

コメントする

カレンダー