『カルカソンヌ』日本語箱に

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・水道橋のボードゲームショップ・メビウスゲームズは9月3日、『カルカソンヌ』を日本語箱で発売した。価格は据え置きで3200円。

『カルカソンヌ』は、フランス南部の城塞都市をタイルを並べて作り、都市の広さや道の長さなどで得点するタイル配置ゲーム。2001年のドイツ年間ゲーム大賞・ドイツゲーム賞をダブル受賞し、発売して10年近くなる現在も人気が衰えず、数多くの拡張セットが発売されている。

日本への輸入を行っているメビウスゲームズでも、7年連続売れ筋5位以内という人気のゲームで、ついに箱の日本語化に踏み切った。タイルやボードには文字がなく、ゲーム自体は言語依存がない。ルールブックはもちろん日本語。

メビウスゲームズは、これまでも『ごきぶりポーカー』や『お邪魔者』の日本語箱化を行っており、ほかにもコンポーネントまで日本語化した『サンファン』、またデザインを大幅に作り変えた『キュージェット』『お先に失礼しまーす』がある。

メビウスゲームズ:カルカソンヌ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください