『プゥー』多言語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは26日、羞恥心を試すカードゲーム『プゥー(Prrrt...)』多言語版を発売した。B.カタラ&L.モーブロン(フランス)作、オリジナルはフリカン社(スイス)。3〜7人用、8歳以上、20分、 2,520円。年末年始のため、ショップによっては年明けの年明けになる可能性もある。

密室でおならをした犯人を捜すパーティーゲーム。0〜7の数値がついた悪臭カードを5枚ずつ手札として受け取り、順番に隣のプレイヤーに「やったのは君かね?」と問いただしていく。手札の悪臭カードの数値合計が最も多いプレイヤーが真犯人だが、最初は誰が真犯人か分からない上に否認する奴も。

自分が犯人だと認めてしまえば、羞恥カード1枚(マイナス得点)を受け取り、ラウンドは終了となるが、誰も認めなかった場合、手札1枚をランダムに公開していき、犯人を一斉に指差して告発。実際に最も合計数が多い人は、羞恥カードに加えて、犯人を当てた人数分の羞恥カードを受け取らなくてはならない。ダメージが少ないうちに認めるか、リスクを承知で最後までしらを切るか。

すごろくや編『ボードゲームカタログ』にも収録(57ページ)。昨年の秋に少量が入荷していたが、これで本格的に入手できるようになった。箱を開けると光センサーで「プー」という音が流れるサウンドボックスになっており、各ラウンドの開始時に使えば臨場感の演出もできる。

TGW:プゥー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください