『えんとつ町のプペル』ボードゲーム、『ハイパーロボット』とルール酷似で95%オフ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム制作会社「STUDIO PREBO」の新作『えんとつ町のプペル ボードゲーム』が、『ハイパーロボット』のルールに酷似しているという指摘を受け、95%オフで販売されることになった。

STUDIO PREBOはさまざまななゲーム会社のボードゲーム好きが集まって結成されたボードゲーム制作会社で、ゲームマーケット2020春で4タイトルを携えて初出展を予定していた。そのうちの1タイトル『えんとつ町のプペル ボードゲーム』は、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏の絵本をテーマにしたボードゲームで、壁などにぶつかるまで止まらないユニットを、スタートからゴールまで最短何回で到達できるか考えるゲームだった。

このルールが故A.ランドルフの『ハイパーロボット(Rasende Roboter)』によく似ているという指摘が寄せられ、STUDIO PREBOは3日、ウェブサイトでお詫びと報告 を発表。「ゲーム制作を進める上で様々なゲームを研究し、一部参考にした要素もございますが、本ゲーム特有の体験が味わえるよう、特殊ルールなどは今回独自に考案いたしました」とした上で、十分な説明がなく、疑念を抱かせたことを謝罪し、500部全てを予定価格3500円から95%オフの175円で販売 することを発表した。

『ハイパーロボット』も『えんとつ町のプペル ボードゲーム』もぶつかるまで止まれないロボット/ユニットを最短手数で目的地に到達させるという点では共通する。一方、『ハイパーロボット』はランダムに引いたチップで移動するロボットと目的地が指定されるが、『えんとつ町のプペル ボードゲーム』はダイスで指定される上に、ルールサイコロによってユニットの入れ替えなどが起こる。これが「一部参考にした要素」「今回独自に考案」と見られる。

格安販売を受けて愛好者からは、販売自体を取り下げるべきという意見や、意図的なものかどうか明らかにするべきという意見、ルールが似ているかどうかといった主観的な問題でここまで批判されるべきではないといった意見が上がっている。

関連記事
ベジエゲームズの新作、『インサイダー・ゲーム』を換骨奪胎か(2)
クニツィアとアドルング社が和解 権利侵害認める
『エセ芸術家ニューヨークへ行く』の無断リメイク、アスモデ社が発売
青森の地域おこしカードゲーム、『ドブル』と同じルールで批判相次ぐ
『ツイクスト』の権利をめぐって

コメント(1)

著作権法は上っ面の表現、ゲームで言うとルールの文章、駒やボードのデザインを保護するもので、根幹のアイデアやアルゴリズムを保護するものではありません。
小説で考えると、ラブコメの登場人物構成とストーリー展開なんて誰かに独占させる訳にいきません。(いい構成一番乗りが駄作だと悲劇)

ただ、丸パクリは不正競争防止法に引っ掛かる可能性があります。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください