アンケート:ゲームマーケットの注目ジャンル

| コメント(0) | はてなブックマーク - アンケート:ゲームマーケットの注目ジャンル 

Q96:ゲームマーケットで最も注目しているものは?

A.輸入新作ゲーム 59票(39%)
B.同人ゲーム 60票(40%)
C.中古ゲーム 32票(21%)

昨日当サイトで発表した国産新作評価アンケート結果では、投票者数が2014年の春(289名)から20票ほど減少していました。Googleフォームを導入したことでGoogleアカウントが必要になり、投票しにくくなったことが主原因と考えられますが、この減少を同人ゲームへの関心が下がったのではないかと見る方もいらっしゃいました。

アンケートでは、輸入新作ゲーム:同人ゲーム:中古ゲームの関心はおおよそ、2:2:1となっています。3年前の春に同じアンケートを行いましたが、そのときは同人ゲームが輸入新作ゲームを7ポイント上回っており、確かにわずかながら輸入新作ゲームに関心が移っている状況です。とはいえ、大きな変化ではありません。欧米で発売され、日本にもたらされるゲームと同じくらいの注目が、同人ゲームに集まっているわけです。

先日のエッセイ「ゲームマーケットのジレンマ」で書いたように、ゲームマーケット限定発売でないゲームが増えています。そのためレア度というバイアスなしに、同人を含む国産ゲームが輸入ゲームと比肩し、何かにつけて比較されるようになりました。同じ土俵に立ったこれからが正念場といえるでしょう。

6月のアンケートは、ドイツ年間ゲーム大賞の予想です。先月発表された3タイトルのノミネートの中から、7月6日に大賞が発表されます。国産の『街コロ』が選ばれるのかどうか期待がかかるところですが、日本人の期待は一旦わきにおいて、審査委員になったつもりで、最も大賞を取りそうなものをお選びください。

コメントする

カレンダー