ドイツ年間ゲーム大賞2018に『アズール』、エキスパート大賞は『クアックザルバー』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日10時30分(日本時間の17時30分)、ベルリン市内のホテルにて今年度大賞の発表と授賞式を行った。5月に発表されていた(TGiWニュース )各3タイトルのノミネート作品から、大賞には『アズール』、エキスパートゲーム大賞には『クアックザルバー』が選ばれた。

ボードゲームジャーナリストやボードゲーム評論家の審査員10名が授賞式の前夜に投票して大賞を決定する。当日はノミネート作品のデザイナー、イラストレーター、出版社の代表が招かれ、それぞれ3タイトルのノミネート作品を順番に紹介した後、大賞が発表された。

先に紹介されたのはエキスパートゲーム大賞。8回目の大賞に選ばれたのは『クアックザルバー』。オーストリア人デザイナーのヴァルシュ氏がデザインしたゲームで、袋から材料を引いて薬を作る。審査委員会は「ランダムに引いた材料で料理するのは、味の爆発と感情の花火をもたらす。他人の不幸の喜び、喜怒哀楽が間髪おかず次々と訪れる。これは運だけのゲームではない。デザイナーのヴォルフガング・ヴァルシュ氏は絶妙な基本レシピによって、プレイヤーにたくさんの選択肢を与える。こうして袋から引いて作るスープが、ボードゲームグルメにとって美味しい料理になるのである」とコメントしている。

TGiWレビュー:クアックザルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)

そして赤ポーン、ドイツ年間ゲーム大賞の発表となり、今年の大賞には『アズール』が選ばれた。ポルトガルの王様の命令で宮殿の美しい壁を作るゲームで、ドイツ人デザイナーのM.キースリング(写真下でインタビューをうけている方)がデザインし、プランBゲームズ(カナダ)が発売した。フランス年間ゲーム大賞も受賞しており、大方の予想通りの結果となった。

審査委員会は「アブストラクトゲームでありながら、おそらく相反するものを統合している。ゲームボードのほとんど無味乾燥な機能性が、対応するモザイクのすばらしい美術性と見事な対照をなしている。タイルの手触りが価値のある印象を強める。用具だけでも鑑賞に堪えるだけでなく、デザイナーのミヒャエル・キースリング氏がシンプルな選択のメカニズムで奥深さを与えるという匠の技を発揮し、尽きることなく繰り返し遊びたくなる魅力を生み出している」とコメントしている。

TGiWレビュー:アズール(Azul)

ドイツ年間キッズゲーム大賞の発表は先月11日に発表され『ドラゴンズブレス』が大賞に選ばれている(TGiWニュース )。

『アズール』はホビージャパンから日本語版が発売されており、『クアックサルバー』はアークライトが日本語版を発売する予定となっている。

Spiel des Jahres e.V.:Azul ist das Spiel des Jahres 2018!
Spiel des Jahres e.V.:Die Quacksalber von Quedlinburg ist das Kennerspiel des Jahres 2018

リンクフリー このバナーをお使いください